もののあはれ

WOTと日常生活についてのハナクソ雑記帳 最近はアニメとか教育とか

バイトでの出来事で考えることがあった話

※私はまだ大学生であり、本稿の内容はバイトで塾講師として勤務している時のものです。 社会人各位にとっては「何当たり前のことを」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一昨日あったこと

一昨日、終礼で校長先生に死ぬほど(当社比)注意された件である。

 

僕の校舎の校長は、僕に飲み会の席で罵詈雑言を投げかけた末、これについて僕がパワハラとして本社に報告し、即刻謝罪したというエピソードを持つ人である。

 

そういった人だから、僕はある程度距離を置いて、というか「反面教師として」日々接するようにしている。(これからも反面教師です)

あれから1年半程経つが、お世話になったなという記憶は多くあれど、この話はためになるなと思ったことはバイトを始めたての頃の1回くらいしか覚えていない。

まあ、良かったと思うのはあれ以来僕たち講師に対してあたりが多少柔らかくなったこと。

休憩時間に自由に食べられるようにラーメンが買ってあったりとか、校舎の来客向けのお茶を飲んでも許されたりとか。(これは勝手に飲んでいるだけかもしれない)

 

 

とはいえ僕ももちろん怒られるようなことは数多くしたし、その都度きちんと叱られている。その日できていなかったことについて、時々終礼という営業終了直後のミーティングで叱られるのだ。

 

で、一昨日の戦場はその終礼であった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【登場人物紹介】(無駄に書いたので飛ばしてもいいかもしれない)

  • (講師)…勤続2年弱。 当日は朝8時から試験監督と5時間の授業と居残りを経て実働時間は13時間。疲労困憊の状態で終礼を迎えるも、当日は自分なりによく気が利き、副校長の業務的な支えにもなれた上、後輩くん達の面倒も見れたのでかなり満足していた。早く帰って吉野家のチー牛が食べたかった。

  • 校長(校長)…50代中盤くらい。普段から機嫌のいいときと悪いときの差が激しい上に、機嫌が悪いときは大体雰囲気と口数と態度でよくわかる。当日は忙しく普通に機嫌が悪かった。あんま好きじゃない。

  • 副校長(副校長)…20代後半。校長にいつも大量の業務とともにお叱りを受けたり、後輩と比較されるようなことも言われていたりしているので心身共に心配。
    僕の仕事に関して認めてくれてはいる上に、よくないところもしっかり指摘してくれているが、僕から見ると校長の傀儡みたいな感じが拭えなくてあんまり好きじゃない。好きなんだけどね。 人柄がいい。

  • 同期(講師)…昨年度で経験者の講師が先輩同期合わせてごっそり減った中、数少ない生き残り。あんまり怒られてるのを見たことがない。無難に立ち回れているんだろうと思うし、信頼もできるし、仕事もできる。頼れるヤツ。彼女持ち。

  • 後輩(講師)…3月以来増えた新人の先生たちのうちの一人。女性の先生はあまり怒られているイメージがなかったが、当日は僕の分が飛び火してクッソ怒られていた。正直女性があんなに怒られてるの初めて見た。僕は死ぬほど申し訳ない気持ちでしかなかったが、日が経つごとにいろいろできるようになっていく上に元気なので、一緒に働いていて楽しい。というか3月以来増えた職員はこんな感じにいい人ばっかりで、彼ら彼女らに助けられている部分も多い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

筆が乗って意外と書いてしまった。結構思い入れあるんだな。

 

その終礼で起こったこととしては、

  1. 僕が社会科を担当したクラスのうちの1つについて今日気になったことがあったんだけど、どう?と校長に質問される。
  2. そのクラスは全体的にうるさかった記憶があった(自分が隣でやっている時もそうだった)ので、どの時間が騒がしくて、どの先生に注意するように言ったか、僕も騒がしいと思ったので注意し、それ以降は静かになったこと等を報告した。
  3. 僕の話を遮り、「そうじゃなくて、言い訳を並べるのではなくまず謝れ」と校長に言われる。(ほかにも色々言われた)
  4. 「まず謝れ」というのは以前にも指摘されていたことなので、やってしまったという気持ちと共に、やっぱりなんか違うなあと違和感を抱いていたら、後輩に飛び火。
  5. 終礼で長々と説教があってから、その後別室に呼ばれて校長と副校長から説教(副校長がメインで校長が横からいろいろ言ってくるスタイルだった)

 

である。結構端折ったが、中々のボリューム。

 

キレて何が生まれるのか

※今回に関しては僕は「やらかした側」なので、説得力が弱いですが許して

 

ここでやっと本題である。

僕が違和感を感じているといった「まず謝れ」という話。

 

確かに、僕が静かにさせきれていなかった事実はあるし、報告を求められたと思って喋った結果として言い訳のように聞こえたことに関しては、大変よろしくなかった。

自分の非であると認めるべきことであるし、もちろん反省もしている。

が、これは「まず謝る」べき状況であったのか?という話がしたい。

 

これから社会で生きていく上で、自分に落ち度があったら謝るということは当たり前だと思っているし、普段の自分もそうである。

そりゃそうでしょ。

 

「君これできてなかったよ」

「すみません、確かにできてませんでした」

 

自然な会話の流れだと思う。が、

 

「君これについてどう思った?」に対して、

「すみません、できてませんでした。というのも~」

 

って返せるの?普通。

僕には無理だったので先に「というのも~」にあたる詳細の部分が先に出てしまった。

 

いや聞き方が悪かったって話にこんなに文句書いてるのかよって話ではあるんだが。

 

結局上だろうが下だろうが、どちらも申し訳なかったという気持ちはあるわけだ。

反省もするし、次に生かそうという気持ちも当然ある。

それは向こうも今までの付き合いとそれに伴う信頼もあってわかっているはずでしょ。

(実際これは別室に呼ばれたときに「反省もできるし信頼してるんだからさ~」という形で言われた。よくあるヤツ。)

 

「すぐに謝るのが普通だろ」ということで「信頼したくてもできない」だの、「もうダメなんだね前も言ったのにさ」だの、「何も学習できないんだね」だの言われ、中々に耐えがたかった。

すぐ謝らなかったことで信頼できなくなるの? どういう因果? 関係ある?それ。

 

ここから得られる結論は、彼は「結局自分の思った通りにならないからキレてる」ってことだと思っている。実際そうでしょう。

なぜなら声を荒げて怒る必要も、怖い顔をする必要もないから。

 

本当に人の成長を思うならば、特にその相手がしっかり自分で反省をし、改善しようとするような人であればあるほど、「キレる」という仕草は必要ないわけ。

 

キレて何かポジティブなものが生まれるんですか?

ただ自分の不満を、感情をぶつけているだけに過ぎないと、僕は思うのです。

 

「指摘」が「キレる」にならないように

 

じゃあなんで世の人はキレるの?って、

それは「キレる」っていう行動が「指摘」の延長に存在するから。

怖い顔して、声も荒げて、雰囲気悪くして、それが指摘ですか?

 

 

いや、「キレとる」やんお前。

 

で、こういう風にいちいちキレてくる人ほど、相手が泣いたり凄く落ち込んでるのを見て「反省してるんだね」とか「俺もこんな事言いたくないんだ」とか言ってお前のことは分かってるアピールするんですよね。 

 

僕はそれができるお前が怖いよ。

 

どうあがいてもお互いニコニコハッピーエンドで終われるわけないじゃん。 だってお前キレたし。

校長、なんでお前は「わかってくれたんだねぇ」

って横でニコニコしてんだ?怖

 

 

ちなみに、人にキレられて失われるものは様々だと思うけど、一番デカいのは

モチベーション」だと思っている。

 

本人がよかれと思っていたことや、「そうであるべきではなかった」と自分でも理解できることであればあるほど、大きく削がれるのがモチベーションだ。

 

モチベーションって維持することも大変だし、失ったら取り戻すのも簡単じゃないと思ってるし、実際自分もそう。だから生徒を滅多に怒らない僕でも、怒るときっていうのは相手のことをよく考えて、こんな感じに指摘して大丈夫か?って考える。

 

これでこの子は勉強する気なくなったりしないか?って

自分がその立場だったらどうだ?って。

 

だから怒るってのはリスクがあるし、キレるとかもってのほかでしょ。

生徒にキレる教師どう? ヤバない? 

部下にキレる上司はふつうなのなんで?辛くない?

 

そういう上司はキレてもいいと思ってるんですよ。相手は大丈夫だと思ってる。

それにそういう上司はキレられたことがあるから、耐性がついてる。

世の社会人はみんな耐性がついてると思う。

僕も耐性がある自覚がある。

 

でも、耐えなくていいこと耐えなくてもよくないか??

 

別室に呼ばれた時、俺はお前のためを思ってるんだよって言いながら副校長は泣いてくれました。僕のために泣いてくれたことは伝わったので、僕ももらい泣きしかけました。

 

 

さて、この中で一番異常なのは誰だと思いますか?

さっきも言ったけど、

それは横でこの状況をよかったねって顔でニコニコ見ている校長ですよ。

 

 

何勝手にハッピーエンドにしてんだお前は。

 

 

 

あのね、自分より上の人からキレられたら、泣きたくなるんですよ。

泣いた。俺は。特に自分の何倍も生きている人にキレられるのって、怖いんですよ。

 

相手のモチベーションとか自主性を一瞬で消し飛ばせるんですよ。キレると。

 

本当に怖いことだと思う。

 

僕も普段はキレたりすることなんてしないけど、キレたことはある。

そういうのって、後から大体後悔するんです。僕はしています。

でも、抑えられなかった自分はいたわけで、本当に申し訳なかったと思うわけです。

 

キレて爽快な気分でずっといる人とかいるんですか?サイコパス

 

 

そもそも、相手のこと考えながらキレるなんてできないでしょ。

少なくとも、キレられた相手はあなたのこと良くは思わないですよ。

むしろクソです。 クソ。

 

 

 

大切だからこそ、「指摘する」

 

「お前のこと大事だと思ってるからこんなに言ってるんだ」

 

みたいな言葉は、校長にも副校長にも、何なら親にも言われたことがある。

でも彼らはみんなキレた後にこれ言うんですよ。不思議と。

 

ぶつけたいだけ自分の感情ぶつけて、キレて、

「はーすっきりした!これが私の言いたかったことで、私の気持ちの大きさなの!君のことこんなに大切に考えているから、あんなに言ってあげたんだよ!

ってね。

 

これ、本当に大切に思っていたとしても、キレたあとに言っているので台無しです。

想像してみてください。キレられた後にこれ言われて、

「自分は大切にされているんだなあ!」って思いますか? ドMかよ。

 

 

つまりただの正当化です。しょうもないと思いませんか? しょうもないです。

 

犠牲が大きすぎるんですよ。「キレる」ってのは。

本当に大切に思っていても、それは相手にはほとんど伝わらないし、それがほんの少しでも伝わっていないのなら嫌な気持ちにさせるだけ。落ち込ませるだけです。

 

キレられて「自分がちゃんとしなくちゃ」ってなる人は、これは俺の勝手な考えですけどすごい疲れやすい人なんだと思います。

無難に振る舞うことも社会においては必要ですが、

自分の心は自分のものです。

人の言うことを鵜呑みにするのは、気づかないうちに自分がどんどん自分で無くなっていってしまう。

 

誰に何を言われようが、確実に自分を支える芯を持つことは、とても大切なことだと僕は思います。

 

 

んで話を戻しますが、じゃあどうすればいいんだよ!って、つまりできる限り「指摘」に留め置くってことです。

 

でも、キレるのは犠牲が大きすぎるし、指摘しないっていうのもお互いのためになりません。

 

指摘することは大切です。相手の良くないところを指摘して相互に理解し、直してもらうことで、お互いが以後気分よく過ごすことができるわけです。

 

ただ、場合によっては落ち着いて指摘することが難しいこともあります。

何度も指摘していることをされた時だったり、自分が感情的になっている時だったり。

 

それをコントロールして、指摘するんです。

自分の機嫌は自分で取るんです。

 

僕は、どれだけ切羽詰まっていても、くだらないことでも、後輩に聞かれたら笑ってしっかり答えるし、指摘するときも同じようにしています。

むしろわからない中考えながらやってくれてありがとうって話だし、ありがとうって言うようにもしてる。

少しでも不機嫌そうに答えるよりは、よっぽど気分がいいと思っている。

 

 

 

自分にとって嫌なことがあってもやもやすることがあったら、気の知れた相手に愚痴ったり、Twitterにつぶやいたり、ブログにしたり、おいしいもの食べたり、お酒飲んだり、煙草吸ったりして、自分で自分の機嫌を取る。

僕はこれを心掛けるようにしています。

 

だから僕は、一昨日別室に呼ばれた際は死ぬほど頭を下げました。8回くらい?

謝罪の言葉と、同じ轍は踏まないこと、あなたの言っていることは正しいということ。

相手の気分が良くなることを並べました。それで終わりです。

 

ダサいですけど、何一つ反論せずに頭を下げました。

実際自分がクラスを静かにさせられなかったという根本原因を作ったわけでもあるし、向こうの望むようにできなかったからです。自分の反省をしました。

 

後輩にみられなかったのがラッキーだった。カッコ悪いとこ見せたくないし。

 

そりゃでも、反論だってしたかった。

 

俺の5年生の社会の授業中、我慢できなかったから死ぬほど騒いでた中3に静かにしようねって注意したわけだけど、その中3と一緒に喋ってたの、お前だったよな????????

 

5分前に終われって言ってたけど、お前も普通に2分くらい過ぎてたぞ????

 

いっつもあきれたように終礼で言ってる治安維持はどうした?「うるさいと退学する生徒がいる」んじゃないんですか? 「その授業が静かでも、周りがうるさいだけで入学しない体験生がいる」んじゃなかったんですか?

 

 

そんだけ言うなら、完璧でいてくれ。という気持ちになる。

だから、一方的に指示したり、説いたり、責めるだけではなくて、

自分の非は認めるし、常日頃からの相手の気持ちを汲んだりするような、

相手のことを考えた関わり合いは大事なんだと、僕は思います。

「完璧じゃないけど、この人についていきたい!」

って思えるような先輩に、上司に、僕はなりたいんです。

 

別に校長変わっても特に何も思わないんですよね。

もしそうなったら挨拶はするけど、同僚とか後輩と思い出話とかしないし、正直文句しかでない。

そんな上司って、いい上司って言えるんですかね。

 

まあ本人がニコニコで満足げにやってるので、

怒られたらまた謝ろうと思います。

 

あなたの思い通りにできなくてすみませんでした

 

ってね。

 

 

 

それでも、後輩たちはかわいいし、面倒見甲斐があって、ニコニコしていて、楽しいと思ってくれているらしいので僕はうれしいんです。楽しいんです。続けたいんです。

 

後輩たちがこの記事を見ることはないので書きますが、

彼ら彼女らが僕のモチベーションの半分です。残りは生徒です。

本当にありがたいと思います。

 

ただ、その日飛び火した後輩は、

帰り際に「こんな校舎だけどここに残りたい?」って聞いたら

「わかんないです」って言っていました。

こんな校長がいるもんだから、僕は後輩に「ここにいて楽しい」って思ってもらえるようなバイト先にしようと春からがんばっていたつもりでした。

 

だから正直それ聞いて僕は泣きそうになった。

彼女のモチベーションはどうやったら戻るだろう。

つらくなっていないかな、ほっといたら戻るかな、また楽しく授業できるかな、辞めないでいてくれるかなと、色々考えてしまう。

 

それだけが本当に心配で、心残りです。

 

ただ、僕は今まで通り、後輩の模範であり、そして憧れであるように頑張るしかないんだと思うし、なんでも聞けて、相談できる先輩でもありたいと思って、それを目指してこれからも頑張るつもりです。

 

 

 

長文、駄文でしたが書ききった朝5時。 眠くて何書いてるのかわかりません。

が、気分はいいです。

 

ありがとうございました。

 

(7/4 ちょこちょこ書き足したりしてました。)